忍者ブログ
参加しているアマオケでの事 チェロレッスンや日々の練習について・・・
[292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

辻井さんが優勝しましたね。
演奏が公式ページにあるので、視聴しています。

自分の練習の時間を確保しなくてはいけないので、抜き出しで
見ている状況なのですが、音色が独特なんですね。
指が鍵盤に近いので、ラフマニノフのPコンの冒頭も
よく演奏されるような打鍵の強い音じゃなかったです。

オケと合わなくて、しばらくバラバラのまま進行してましたが
アレはやはり低弦のG音の入りミスなのでしょうか?!
(もう一人の演奏がもっと早いテンポだったから、うっかり?)

コンマスは最初ピアノ寄りだったと思うんですが・・・こういう場合
それぞれどういう風に仕事するべきなんだろうかって
色々な立場になって考えてしまいました。
(。。。やはり聴き方がズレテいる?!)

あと、ショパンとリストを聴きました。
ショパン、いいですね~。
音色がすごく合っていてそれぞれの声部の
バランスが絶妙で心地良かったです。

ハンガリー狂詩曲2番も、音のバランスのコントロールが
やはりとっても良くて、全ての音をきちんと
聴いているのが伝わってきます。

私ももっともっと自分の出す音に耳を傾けて
一音一音を大事に考えて弾くようにしなくちゃ。



今日は届いたものが2つ。
以前頼んでいたチェロの楽譜♪
そしてヴァイオリンの返品交換のG線。

早速弾いてみよう!!!(両方)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
辻井さん
きちさんのブログを見て、
辻井さんの本選の3曲と
準々?のショパンの12のエチュードと
ショパンのPコン聴きました~
辻井さんのピアノはまるで色彩が見えるようで素敵ですねぇ
たぶん間近で聴いたらもっとすごいんだろうな~
パフォーマー・ポートレートにあった
おばあちゃんらしき方の家でちょこっと弾いている画像に感動したりしました。
ベートーベンだけは2楽章のテンポが速くて焦りを感じてしまうのですがどうなんでせうか。。。汗
それにしてもショパンのPコン、素敵ですね!!



タラジャン 2009/06/12(Fri)00:29:44 編集
音の世界
タラジャンさんも聴きましたか~♪

>たぶん間近で聴いたらもっとすごいんだろうな~

私もそう思いました。聴いてみたいですよね。
ネットの映像で我慢・・・定演終わったらもっと色々
聴きたいです。(消されませんように・・・)

ベートーヴェンの2楽章はあのテンポで弾くなら
3楽章がもう少しテンポ速くて原色っぽい音色だといいなぁ
なんて勝手に想像してましたが、そうするとまた別の演奏になってしまいますね。
ガツガツしていない演奏というか自然体の演奏がとても素敵なので。

Pコンも子守唄もショパンはとっても良いですねー。
やさしい気持ちになれますよね。
きち URL 2009/06/12(Fri)03:07:14 編集
ラフマニノフ
あっ、すみません私がベートーベンが速く感じたと言ったのは、
音と音の間が短いっていうか、
休符が短く感じたってことなんです。
もっとも、本当にそうかは私にはよくわからないです(汗)
きちさんはその点どう思いました?

>ガツガツしていない演奏というか自然体の演奏
本当にそのとおりですよね~
きっとお人柄が音楽に現れるんでしょうか?

ラフマニノフ、今聴いています。。
たしかに冒頭はハラハラしますね。。
ピアノが先に世界を作ったのに、
オケが全く違う感じで入ってきたので
辻井さんに同情してしまいます。
低弦は走りやすい???気をつけなきゃ(←前科者)
自分も他の音を聴きながら演奏しないと、、と思いました。

でもコンクールでのオケの伴奏ってすごく難しいんでしょうねぇ~
タラジャン 2009/06/12(Fri)08:32:33 編集
う~ん
熱情2楽章、今聴きながら書き込みしてますー。

2楽章の休符は、絶妙なタイミング(流れ)で音楽が進むなぁって思いました。
私は焦っている感じは受けなかったです。

もう少しテンポ自体がゆっくりの演奏だと
休符の感じ方をゆったり目にして、わざと音楽の流れを
ドロドロにするかも知れないですね!

タラジャンさんの音楽の好みがわかってきました♪

やっぱりコンクールのオケ伴奏って、ソリストの素養を見るわけだから
普通と少し違う??
こういう話は先生に聴くとハヤイですね♪
次回レッスンでお話してみようっ!!!

きち URL 2009/06/12(Fri)22:56:49 編集
よかった
コメント有難うございます~
そっか、やはりただの私の好みの問題なんだとわかってなんだか安心しました
今度は絶妙なタイミングと思ってじっくりもう一度聴いてみます。

辻井さんの他の曲も少しずつ聴いていますが、
PCで聴いただけでも感動しました。
ラフマニノフも2度目に聴いた時には
もうオケがずれているのとかは気にならなくなって
涙が出るくらい感動しました!!

全然気負いが感じられないところが素敵です。
もともと人の持っている音楽的才能を
のびのびと伸ばすのって難しいと思うんです。
音楽的才能が伸びるためには
性格も関係してくるような気がしています。
ご両親もきっととても聡明な方々なんでしょうね。




タラジャン 2009/06/13(Sat)09:25:02 編集
演奏姿勢
演奏の時もとっても自然体ですよね。
(演奏と全然関係のない『カッコツケ』をする人もいたりするけれど)

余計なものがなくてシンプルで、でもとっても音色は多彩で
内容が凝縮していて本当に心に響く聴く演奏ですよね。

シューマンのピアノ五重奏も、演奏が終わっての
客席総立ちのブラボーも、この演奏を生で聴いた人の興奮が伝わってきて
感動しました。

生で聴いたら泣きますね、きっと私達・・・。
きち URL 2009/06/14(Sun)02:19:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
きち
性別:
女性
自己紹介:
ヴァイオリン・チェロを弾きます。
ヴィオラも少し・・・。

アマオケ所属。


きちについてもう少し詳しく・・・
カテゴリー『プロフィール』へ


ランキングに参加してみました
↓ぽちっとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村

blogram投票ボタン




猫(とカメラ?)のブログも始めました。
ねこ番
twitter
最新コメント
[11/29 きち]
[11/29 はるみ]
[11/28 きち]
[06/19 きち]
[06/19 はるみ]
最新記事
blogpet
最新トラックバック
カウンター


ブログ内検索
忍者ブログ [PR]