忍者ブログ
参加しているアマオケでの事 チェロレッスンや日々の練習について・・・
[186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25回定期演奏会まで後5日。

昨日の午後~夜の合奏練習で、やらねばならぬ事が山盛り発覚!!!
今回の1stVnは、いつもより音程の辛い箇所がたくさんある気がします。
でも、ガンバリマス。今回の演奏会はちょっといつもと違う雰囲気です。
演奏会前から『よしっやってやるぞー』という気合の入り方も。


有名な曲は難しい、本当にムズカシイ。知ってる曲の音痴は最悪です・・・。
結構派手にバーッと演奏出来る曲って、盛り上がって良い(誤魔化せる)のですが
聴かせる曲となると、そしてそれが有名でみんな聴いた事があるとなると
ちょっとのミスでも『あ!』ってバレちゃいます。

・・・とにかく、音程!
指がどんな距離でどの位置に収まるのか
ゆっくり確かめながら、手が覚えるまでさらわなくちゃ。

それから、いつもpizzがヘタクソで良い音が出ないなーと思いつつ
どうすれば良いか考えていなかったので、今回は少し研究しました。

私の場合、大抵Vnのpizzは指板に親指をあててレストにしてます。
(レスト・・・って歯医者さん用語かな?支えです)
そして、今回は音量や音色によって指ではじく時の使う部分を
色々考えてみました。
pでも通るクリアな音の時は、指先で速くはじいてみたり(弦を指にひっかける量少なめ)
fの時は太い音が欲しいときは指の腹でゆっくりめにはじき(〃多め)、
鋭い音の時は指先でしっかりはじく(〃多め)。

弓を置いて、あるいは弓を握ってのpizzは、まだ加減が色々出来るのですが
弓をすぐに弾ける状態で持ったままのpizzがムズカシイです。
弓がフラフラして、はじく指のコントロールに影響が出ます。
これは慣れしかないのかなぁ???

全体的にとにかく音程悪い所をさらう。
2楽章の1stの合いの手みたいなメロディー部分に
色々問題があるので、そこをキチンと整理する。
1,4楽章は第二主題の弾き方。
3楽章は、TrioのGes-durの音程。

走ったり転んだりする場所や、cresc.するのに
もっと冷静になったほうが良い所などなど見直す所がたくさん。

今週はチェロ<ヴァイオリンで練習しなくちゃ。
。。。そういえば第九もそろそろ合奏参加なので準備しよう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
きち
性別:
女性
自己紹介:
ヴァイオリン・チェロを弾きます。
ヴィオラも少し・・・。

アマオケ所属。


きちについてもう少し詳しく・・・
カテゴリー『プロフィール』へ


ランキングに参加してみました
↓ぽちっとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村

blogram投票ボタン




猫(とカメラ?)のブログも始めました。
ねこ番
twitter
最新コメント
[11/29 きち]
[11/29 はるみ]
[11/28 きち]
[06/19 きち]
[06/19 はるみ]
最新記事
blogpet
最新トラックバック
カウンター


ブログ内検索
忍者ブログ [PR]