忍者ブログ
参加しているアマオケでの事 チェロレッスンや日々の練習について・・・
[107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アンサンブルが終わり、夕食をとってからオケ練へ。
今日はブルックナーです。

昨日練習した時、もう4楽章の難しい箇所(曲の殆ど)が
楽譜どおりに弾けないとわかっていたので
開き直って弾く事にしました。

3楽章から。
トレモロが終わり、メロディー担当になってくると
5度の音程がたくさん出てきます。
2本の弦を1本の指で押えるのは苦手なので
あんまり好きなパターンじゃないんですが、たくさん出てきます。
これを機会にさらえという事かも知れません・・・・。

全体的に、3楽章は音程をきちんと取れて、フラット6個の調号に
めげなければなんとかなりそうです。
先生もさらっと通して、4楽章へ進めました。

4楽章、冒頭はCbとVcのB音四分音符の刻みで始まるのですが
これがものすごくかっこ良かったです!!!!
低音の醍醐味ですよね。前進力とか音の重さとか絶妙でした♪

半音階のような音形で音階が転調しながら進んでいく箇所が
まだアヤシイのですが、『今すぐに音程もきちんと
弾けとは言わないですから』との指揮者の言葉に救われます。

Bからの第二主題?は、弦の聴かせ所です。
出たり引っ込んだり掛け合いもすごく楽しい所です。
低弦がすごくしっかり弾いてくれるし(チェロは4人だったのに!)
ヴィオラはいつも通り美しいし(上手な人がいるので)
それをぶち壊さないように、気を使います。 ←違
(ちゃんと弾かないと駄目ですね…。)
でもこの部分28小節で、7回位(多分)転調していると思うのですが。
音程取りにくいわけです。

・・・・わけといえば。指揮者のお話から。

ブルックナーはオルガンを弾く人だったそうで
だから弦楽器で弾くと違和感があったり、楽譜が読みにくかったり
するのだそうです。
鍵盤では音の違い(転調とか臨時記号とか)で弾き方に違いがあまり出なくても
管や弦になると、弾き難さが倍増したりするんでしょうね。

全然関係ないのですが、
チャイコフスキーの交響曲5番の4楽章の冒頭のメロディーで
ヴァイオリンは最低音がソなので
♯ソーー♯ソ♯ソラーー♯ソ×ファ♯ソッ 『ミーーーーー』(Edur ×はダブルシャープ)の
ミの音が出せないのが、定演で弾いた時から気になっています。
これは、作曲したときどうしても妥協できず(曲を書き直したり出来ず)
この1音だけ『ヴィオラ 倍がんばれ』となったのでしょうか?
メロディーを弾いていたのに、途中で弓を取り上げられたみたいで
すごく気持ち悪かったです。
作曲家は弾く人の事まではあまり考えないのかな。
・・・こんな事気にしている方が変なのかも??
いや、でもあんまりですよ。メロディーの最後の音がないなんて・・・。

話を戻して。
練習記号o~pは弦の難所です。二分音符、四分音符、八分音符の
三連符が入り混じり裏拍から入ったりの掛け合いで
しっかり指揮を見ていないと迷いそうになります。
ここが過ぎればあとはどうにかなる・・・らしい。

難しいのは難しいのですが、4楽章は合奏になると
案外楽しかったです。
2楽章の再現部からとか、4楽章の弦の聴かせどころなんて
1stはとっても気持ちよく弾けて美味しいです。
今日の合奏で凹むかと思いましたが、大丈夫でした♪

そういえば、チェロパートは低いポジションでも
親指を使って弾いている所がありました。
すごいなーかっこいいなーと、思わず凝視してしまいました。

次回ブルックナーの合奏は11月と言っていたかしら。
音程が難しい所をしっかりチェックしておく事にします。
もっと楽しく弾けるようにがんばろう!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブルックナー
めちゃめちゃ難しそうですね~~~

きちさんの話をきいて
謎がひとつ解けた感じです。
たしかに、鍵盤楽器でなんなく弾けるフレーズでも
弦楽器だと非常に難しかったり、
また逆もあるかもしれないですね。。。
作曲家がよほどいろんな楽器に精通してない限り演奏する側のことを
わかってもらえるのは難しいでしょうね~ため息
タラジャン 2007/09/17(Mon)21:45:34 編集
メロディーと楽器
管楽器も、替え指を考えないと駄目なんだそうです。
言われてみると、弦で楽に弾けても、
ピアノでは超絶っていう感じもありますね!
でもー、この位ならわかって欲しいぃぃぃ。

ブルックナーは、ピアノでいうと
白鍵よりも黒鍵が好きだったのかしら…。
どうして3楽章のトリオはフラットが6つなのかしら…。
半音あげてくれると、弾きやすさがぐぐ~んと
Upするのにと、ぶーたれてます。笑
きち 2007/09/17(Mon)23:18:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
きち
性別:
女性
自己紹介:
ヴァイオリン・チェロを弾きます。
ヴィオラも少し・・・。

アマオケ所属。


きちについてもう少し詳しく・・・
カテゴリー『プロフィール』へ


ランキングに参加してみました
↓ぽちっとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村

blogram投票ボタン




猫(とカメラ?)のブログも始めました。
ねこ番
twitter
最新コメント
[11/29 きち]
[11/29 はるみ]
[11/28 きち]
[06/19 きち]
[06/19 はるみ]
最新記事
blogpet
最新トラックバック
カウンター


ブログ内検索
忍者ブログ [PR]