忍者ブログ
参加しているアマオケでの事 チェロレッスンや日々の練習について・・・
[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大分さぼっていました・・・。

あれこれと、ちょっとずつまとめてUpしちゃおう。
かなり長文です。

日曜日の弦セクション練習。
弦トレーナーの先生の指導でレオノーレと驚愕。
レオノーレの最初の部分、ゆっくりで管が主体で
意味がわからない部分だったのですが、例えば
最初のG音の弾き方(音の出し方というか)から
細かくチェックがはいりました。
おかげで、少しずつ曲が見えてきています。

G音オクターブは全弓使って3ポジの1で音を取って
鳴らした後は弓を弦から離さず、次のG音は4の指で
すっと取れるように用意。
休符の間に管がdecresc.するので、その音量にあわせて
4の指で取ったG音を弓をA線に静かに乗せてmp程度の
気持ちで弾き始める。
おー。最初の2小節の意味が繋がりました!!!

こんな感じでallegroまで細かい指導が入りました。

allegroからは、弓上半分で静かにでも生き生きした感じで
cresc.も最初はちょっと我慢してわーっと華やかにffまで持っていく。
ffのオクターブは弓もたくさん使って弓毛もべったり使って。
でも雑な音にならないように・・・・。

ここまでppからffの音量になりますが、ppの時から音の表情は
ffの時に出したい音をイメージした方が、いいのかな?
音量のメリハリをつけただけで、華やかで面白い演奏になりました。

楽譜に書いてある強弱記号を忠実に守って弾くだけで
かなり違ってくると思います。
うっかり気持ちよく弾きたいところもppだったりするので
その辺は我慢の心を持たないといけません。←?

演奏会冒頭からこの全力の曲なのですが、大丈夫かしら。
そして次が驚愕なのです。弦セク練習もこの順番で進みました。

ハイドンは弓に少し角度をつけて使う毛の量を少なくする感じ。
そして弓さばきも軽やかに。(できるかな・・・
強弱をしっかりというのは、この曲でも同じ。
そして、よりパートごとの対話が必要な感じでしょうか。
2楽章は有名ですが、その他の楽章でも惹きつける演奏をするには
あ、ハイドンの曲ねってわかるように弾ける事。
それが難しいです。一体どうすればハイドンに聴こえるのか。
ちょっと研究が必要です。

練習を終えて、工房へGo。
夜遅くですが、大丈夫ですよと言っていただいたので
急いで向かいました。初めての工房です。

まず、チェロチェックしていただきました。
表板とネックの所の隙間は、気になるのなら木を打ち込んで
見栄えを直すけれど、弾く分には問題のない箇所という事なので
そのまま様子を見ることにしました。

駒の位置もほとんどOK。ちょこっと指ではじかれてましたが。
(一度弦が緩んで、駒がおかしな場所へ移動していたので
自分で元の場所と思われる位置に戻しておいたのです。)
なかなか良い駒を使っていますよ。だそうです。
(初心者の使う楽器としては立派)

調弦するのに、ペグの動きが渋いのでペグソープを塗ってもらい
弦の接する箇所も滑りを良くしてもらいました。
これでペグでの調弦で『あと少し』の所を
音を通り越されてがっかりする事もなくなると思います!

駒の角度もばっちりだそうで、ポジションが上がって
他の弦に弓があたるのは、私の腕を上げなければいけないのだと
いう事が判明しました。(いや、知っていたけれど・・・)
きちんと調整されているので、大丈夫ですよと
チェロは合格しました。

ヴァイオリンは、駒を傾けてしまっているので
熱を加えて修正して頂くことに。

弦が切れやすくないですか?と言われびっくり。
指板ペグの方についている、弦が乗っかっている
枕みたいな部分がやけに高いのがわかりました。
切れたりはないですが、気付かなかったですー。

ウルフが出て、弾きにくいところをチェックしてもらう。
『あー これは本当に弾きにくいですね』と。
場所はG線10ポジの1の指の位置。C音。
こんな場所はなかなか使わないのですが
でも、ラフマニノフのPコンで使ったなぁ。
音がかすれて一緒に『コロコロコロコロコロ』と
音程が上下してしまいます。
少し外して押えると、多少音が出ます。

これが他の弦のC音にも影響しているみたいで
A線のC音も響きが少し足りなくて、なんとなーく
鼻つまんだみたいな、そしてたまに弦が正しい振動を
しないような感じがしてしまいます。
もともとC音の音程は何故か取るのが苦手なのですが
余計気を使って弾いている感じなのです。

ソリストでもないし、趣味のヴァイオリンですから
それほどシビアになる所でもないのかなと思うのですが
改善されたら嬉しい所でもあります。
音色や音量と相談しながら、少しウルフの位置が
ずれてくれたら助かるのだけどなぁ・・・。

でも、ウルフの話をしたら『鳴る楽器なんじゃないですか?』って
弓を取り出して弾いてみて
『あ、いいですね。新作だとこうは鳴ってくれないんですよね』と
言われたのでニヤリとしてしまいました。 ←親ばかです

後は、あごあてがテールピースに触ってる感じがするので
見てもらうと、ちょっとずれているという事で修正。

私の『ばよ』は、底板(裏板?)が厚めの感じだそうです。
表板もふっくらしているので、ケースに入れると
少し窮屈そうなのです。
自分の楽器なのに、色々知らなかった部分が出てきて
面白かったです。

ばよはお預けして帰ってきたので、週末に取りに行って来ます!

そして、チェロ練もモクモクとしています。
音階練習の時に、良い音を出すという意識をしながら
左手をしっかり押えて、弓をまっすぐ動かす。
これに最近はまっています。楽しいですー。
本当に意識して弾くと音が違うんですよ。びっくり!

Duoの曲は、少し曲想を変えました。
前は大声で歌っていた(というか叫んでいた)感じだったので
もっと丸いほわ~んとした優しい音色を想像しながら
弾いています。音量よりも楽器を響かせるというイメージです。

そして、ヴィブラートも適当にかけるのではなく
回数を数えられるように自分でコントロールして
かける(かけられてるかどうか微妙ですが)という風に意識しています。
1の指は相変わらず難しいです・・・。

ミドルポジションは、『響きを作る』がキーワードです。
この前のオンラインレッスンで7ポジ3の指のC音が
なかなかうまくいかなかった所、先生から上の言葉が。
音を出す事だけ考えていたので駄目だったのですね。
その音がきちんと響いているか。
楽器が鳴っている(共鳴している)か。
それに気をつけると、3の指の押さえが全然足りない事が
はっきりわかりました。
そして、また3の指の関節ぺこりです。
(第二関節が伸びちゃう)
たくさん練習して、押える力や左手の形がしっかりしてきたら
直るかな?!

総合練習の1番は、スラーを1小節3つに切ってみたり
付点のリズム『タータ タータ』(最初の音が付点)と
『タター タター』(2個目の音が付点)の2種類で
練習してみています。
付点リズムは、指の動きが確立するように。
スラーを切るのは、音がモコモコしないようにと
ト音記号部分のポジションの移動の所が難しいので
そこの練習のために。

ミドルポジションの所の練習で出て来るフレーズが
そのままこの曲に繋がるので、すごく良い練習になっています。

そして、これだけやると2番からは全く手が出せません。
今月は1番まで集中練習です!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Duo弾いてみました
きちさん相変わらずすさまじい練習ぶりですね~!すばらしい!

私の方はカメラが昨日届きました☆
できれば今日使えるようにしたいです。
今日か明日、メールしますね。

巻末Duo弾いてみましたが、重音がたくさんあるしむずかし~
あわせるまでにはまだまだ練習しないと
いけなさそうです。。。

てか、自分のブログを更新しないで
きちさんのブログのコメントで
近況を書いてる私っていったい。。。(ちびまるこのナレーター風)

タラジャン 2007/09/28(Fri)08:53:01 編集
おぉっ♪
Duo私もガンバッテ練習しています~。
重音難しいですよね…。1箇所すごく難しい所
(2弦をいっぺんに押えていたのを、1弦離して
開放にする重音の所)
がなかなか上手くいきません~~~。

あ!カメラも届いたのですねっ!
オンラインアンサンブルもだんだん近づいて
来ていますね~~~。楽しみっ。
メール待っています♪

練習は、今ばよがいないのでチェロに集中
と言い訳が出来るので、ガシガシ弾いてます。
気付けばレッスンまで日にちが少なくなってきているし
気合を入れなくては!なのですよー。
また懲りずに目標設定してしまったりしているし・・・・。

あは、ここにくればタラジャンさんが
最近どうしているのかわかるようになってますね!
普通に会話しているみたい♪

でもでも、ブログの更新楽しみに待ってますよぉ。←プレッシャー??
きち 2007/09/28(Fri)21:13:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
きち
性別:
女性
自己紹介:
ヴァイオリン・チェロを弾きます。
ヴィオラも少し・・・。

アマオケ所属。


きちについてもう少し詳しく・・・
カテゴリー『プロフィール』へ


ランキングに参加してみました
↓ぽちっとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村

blogram投票ボタン




猫(とカメラ?)のブログも始めました。
ねこ番
twitter
最新コメント
[11/29 きち]
[11/29 はるみ]
[11/28 きち]
[06/19 きち]
[06/19 はるみ]
最新記事
blogpet
最新トラックバック
カウンター


ブログ内検索
忍者ブログ [PR]