忍者ブログ
参加しているアマオケでの事 チェロレッスンや日々の練習について・・・
[444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [437]  [436]  [435]  [434]  [433
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はVnオケ合奏練習でした。

本番指揮者の指導で、ベト1の1楽章、ブラ1の1楽章をじっくり。

ベト1から。

最初に1楽章通しで。かなり良くなったみたいで褒められました♪
別のオケみたいだ、と。(喜んで良いのかちょっとわからないけれど・・・)
でも、練習している成果が出てきていてホッとしました。

冒頭、音楽の流れ通りに音を出していく。変にためない。

5小節から、HCDEと支配している音を伸ばして
cresc. f と音楽の向う感じを確認。

付点二分音符の長さや音の最後の処理などをあわせたり
掛け合いの受け渡しを整理したり
ダイナミクスの調整、徹底、整理など
なかなか作りこんだ練習になったと思います。

休憩後にブラ1の1楽章。

くり返しは『アリ』で演奏します。渋い。

冒頭、ここは減衰する音はなし!!
fなので全開では弾きませんが、立ち向かっていく力が
弱まる所がないよう、強風に吹き飛ばされないよう。
音にヴィブラートをかけるのではなく
ヴィブラートのかかった手で弦を押さえる。
(音の頭だけのヴィブラートでなく、ずっとかけ続ける意識)

f→piu f→ff となる事を考え、最初のfの音量を計算する。

BからのVa、2ndVn、1stVnと刻みの掛け合いを整理。

103、104小節のスラーのかかった部分、espress.。

Eの2小節前、Ges-F の2音だけで弾いてみる。
Vn→Va→Vcと隙間なく埋まる・・・はずなのだけれど

1.JPG














これがビシッとはまらない。
手拍子でやってみた。けれどやっぱり遅れたり色々。
ヴィオラはブラボーでした♪


全体に細かいニュアンス、どういう音が欲しいのか
だんだんわかってきました。

セクション練習でもたくさん細かい練習したので
曲がまとまってきて、こういう合奏が出来るように
なってきたのかな、と思います。

ブラームスはまだまだ、もっともっと深くやりたい。と。

でも、今までとは音が変わってきたと言われたので
練習の成果がやっぱり現れているんですね!!!

次回は本番指揮者指導のトップ合わせです。
ブラームスの1、2、4楽章をみる予定となりました。
2楽章か・・・練習しなくっちゃ。

トップ合わせ前日が発表会なので、少しだけそちらを
優先させてもらって、終わったらブラ1を必死にさらう事にします。
 


↓ぽちっと応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 blogram投票ボタン
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
きち
性別:
女性
自己紹介:
ヴァイオリン・チェロを弾きます。
ヴィオラも少し・・・。

アマオケ所属。


きちについてもう少し詳しく・・・
カテゴリー『プロフィール』へ


ランキングに参加してみました
↓ぽちっとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村

blogram投票ボタン




猫(とカメラ?)のブログも始めました。
ねこ番
twitter
最新コメント
[11/29 きち]
[11/29 はるみ]
[11/28 きち]
[06/19 きち]
[06/19 はるみ]
最新記事
blogpet
最新トラックバック
カウンター


ブログ内検索
忍者ブログ [PR]