忍者ブログ
参加しているアマオケでの事 チェロレッスンや日々の練習について・・・
[229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

難しいです。ヴィブラート。

テンポのゆっくりな曲や、長い音や、低めのポジションならば
左手の脱力をわざわざ意識しなくても、自分でヴィブラートの
幅や速度がある程度コントロール出来るようになってきたかな
。。。と思います。(当人比)

高めのポジションだったり、短い音では何故上手くかからないのか
色々考えてみました。

短い音でかけられないのは、まだ技術というか基礎力が
そこまで追いついていないから。そのひと言かな・・・と思います。
少しずつ自然にかけられるようになる事を願いつつ
これは置いておいて。

ポジションの違いで考えられる事。

左手の形が違うから?これはそれほど影響していると思いません。
いや、手の形が変わるからどの方向へ振れば良いのかが
わかっていないかも知れません。
弦の高音⇔低音で音を揺らすというのはわかっていますが
手がその方向へ上手く動いているのかどうか、という事です。

弦を押さえる力、これは出し難い音(ウルフの影響?)で力が入って
脱力がしにくくなっている可能性大です。
右手の影響で、弓の弾く位置が駒寄りになって、左手にも力が入る
というのも考えられます。

とにかく左手の脱力が上手くいかないのです。
弦を押さえる指の力の方向が悪いのかなぁ・・・???

まずはnon vib.で、左手に余分な力がかからずに弾けているか
確認をして、それからvib.をかける数を自分でコントロール出来る
テンポで練習してみようと思います。
エレジーの再現部・・・綺麗にvib.かけたいんです!!!ガンバリマス。


シシリエンヌもなかなか思い通りに行きません。
冒頭から、ボーイングに邪魔されて音楽が流れません。

レソー♭シレーソ♭シーラソーラー・・・の頭の2つの音
最初レがアップからで次のソでダウン、この返しがヘタクソです。
その前、レの音の拍感も気をつけないとなくなってしまいます。
ピアノ伴奏部分を頭の中で鳴らしてから弾き始めるように
気をつけているのですが、よく忘れます。

フルートの演奏みたいに、長い息で歌いたいなぁと思ってます。
ボーイングの都合でぶつ切りにしないように、弓を返す直前の音に
神経を集中して弾くよう練習してみようと思います。

エレジーよりもシシリエンヌの方が、右手の技術の無さが
バレバレになってしまって難しく感じます。

深いヴィブラート、滑らかなボーイング・・・遠い目。
少しずつがんばろう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ビブラート
ビブラートって難しいですよね。
次のレッスンでいろいろな方法を試してみましょう。
タカス 2008/12/12(Fri)02:28:10 編集
頑張ります!!
今日の練習では、少しずつ力を抜いて大きく揺らす事が出来そうな感触がありました♪

立派なヴィブラートがかけられるとそれだけで音楽の幅が広がるので、是非色々やって自由にかけられるようになりたいです!!!
よろしくお願いします。
きち 2008/12/12(Fri)02:54:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
きち
性別:
女性
自己紹介:
ヴァイオリン・チェロを弾きます。
ヴィオラも少し・・・。

アマオケ所属。


きちについてもう少し詳しく・・・
カテゴリー『プロフィール』へ


ランキングに参加してみました
↓ぽちっとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村

blogram投票ボタン




猫(とカメラ?)のブログも始めました。
ねこ番
twitter
最新コメント
[11/29 きち]
[11/29 はるみ]
[11/28 きち]
[06/19 きち]
[06/19 はるみ]
最新記事
blogpet
最新トラックバック
カウンター


ブログ内検索
忍者ブログ [PR]