忍者ブログ
参加しているアマオケでの事 チェロレッスンや日々の練習について・・・
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さっきまで嵐でした。
空が真っ暗になって、風がものすごく強くなり
雷が鳴り始めて、そして雨になりました。
もうすっかり雨は上がって、空も明るくなり始めていますが
雲はまだ黒いなぁ…。冷たい雨でした。(寒い) 

チェロの練習で気になる事。
右手の癖で 以前の記事(別窓で開きます)
でも書きましたが、先弓の方へ指がずれてしまいます。
腕の重さで弾いていなくて、力で弾いている証拠…ですよね。

試しに弓の持つ手の位置を元弓のもっとお尻の方へずらして
弾いてみました。
弓の重さがよくわかって、それだけで弾けるような感じ。

反対に先弓の方へ右手をずーんと移動して弾いてみました。
弓はコントロールしやすいけれど、重さが乗せにくい…。
力で弾いてしまいがち。

やはり、正しい位置で持てるようにならなければ!
微妙な違いで全然感覚が違うのがわかりました。

チェロだとこういう事がよくわかるのですが
ヴァイオリンはイマイチです。
チェロの弓の位置では、腕は自然におろしているので
重さを乗せる事が出来るけれど
ヴァイオリンの弓の位置だと、腕を少しあげているからかな?
肩からの腕の重さを使うのか、肘から先の重さを使うのか
(支点をどこに置くか、という感じ?)がわかりません。
…今度弦セク練の時、トレーナーの先生に聞いてみよう♪

昨夜ムスチスラフ・ロストロポービッチ氏が亡くなったのを
ラジオのニュースで知りました。
高校生の頃、ショスタコのピアノコンチェルトのCDを購入した時
一緒にチェロコンチェルトが入っていました。
ピアノの方を聴きたくて買ったのですが、このチェロが素晴らしくて
何度も何度も聴きました。
この曲を生演奏で聴きたくなって、ホールへ足を運びました。
当時は誰が演奏しているのか、CDを見てもピンとこなかったのでしょう。
ほんの数日前、ふとそのCDを手に取りチェリストを見ると
ロストロポーヴィチ氏でした。
『そうか、そうだったんだ~』なんて納得したりしていました。
ご冥福お祈り申し上げます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ロストロポービッチ
ほんとすごい嵐でしたね~。
都内では怪我した人もいたそうで、
外にいるときは危険です。

ロストロポービッチさん召されましたか。。。
最近読んだ本で知ったのですが、
ジャクリーヌ・デュ・プレのお師匠さんでもあったそうですね。
伝説的人物の氏が亡くなって、
ひとつの時代が終わったという感じがします。




タラジャン 2007/04/29(Sun)00:15:32 編集
!!
怪我人もでていたのですね!
うちの近所は風はもともと強いみたいですが
昨日の風は急に台風並みの強風で
あっという間に天気が変わってびっくりしました。
物が飛んで来るのが怖いですよね…。

お師匠だったのですか。知りませんでした。
でも、そうやってチェロを伝わって
ずーっと続いていくものもあるのですよね。
チェロを弾く人がいなくならない限り・・・。
きち URL 2007/04/29(Sun)22:39:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
きち
性別:
女性
自己紹介:
ヴァイオリン・チェロを弾きます。
ヴィオラも少し・・・。

アマオケ所属。


きちについてもう少し詳しく・・・
カテゴリー『プロフィール』へ


ランキングに参加してみました
↓ぽちっとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村

blogram投票ボタン




猫(とカメラ?)のブログも始めました。
ねこ番
twitter
最新コメント
[11/29 きち]
[11/29 はるみ]
[11/28 きち]
[06/19 きち]
[06/19 はるみ]
最新記事
blogpet
最新トラックバック
カウンター


ブログ内検索
忍者ブログ [PR]