忍者ブログ
参加しているアマオケでの事 チェロレッスンや日々の練習について・・・
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今課題の練習曲が難しくて、上達しているのかどうか
手ごたえがなくて寂しいので、以前弾いていた練習曲を
復習という事で弾いてみました。

ポジションの練習などは、たまに弾いてみたりするのですが
練習曲は今の曲ばかりで、最近戻って弾いていませんでした。

今日練習してみたのは、ミドルポジションの最後の5~7pos.の練習曲です。
音程が取りにくいなぁと思いながら弾いていたのですが
以前よりも、音がしっかり出せるようになっている気がします。
そして、手の形も作りやすくなっています。
コレを練習しているときは、手の甲の筋肉が痛いとか言ってましたが
全然なんともありません!!
わー。これはちょっと進化している証拠かも。

・・・これで気を良くして、いつもの練習に戻りました。

音痴な箇所は決まっているので、その部分を取り出して練習。
まずゆっくり弾いて、音程を確かめて、手の移動をしっかり意識しました。
『こう動いていないから、音程がずれる』というのを発見するには
自分で自分の音を聞く余裕があるテンポでないと駄目です。

左手の動き(拡張や復基、ポジション移動)の確認をし直して
その動きを頭で『考えて』ゆっくり練習していると、少しずつ音程が
取れるようになってきます。
ここで、出来たとテンポを上げると崩れるので我慢!!

Duoの曲、3楽章はやっぱり弾きにくい・・・。
メロディーの歌い方はわかっているつもりなのですが、どうしてもそれが
実現できません・・・。もっと響きのある良い音が出したいっっっ。
重音の音程は、指の開き具合をしっかり意識。
4pos.の1のE音から1pos.に戻ってA線4のD音と、D線3のFisの和音に
移るのが難しくて、なかなかはまりません。
ポジション移動して指を準備して弾くようにしているのですが・・・。
Fis無しで弾くと弾けるので、4と3の指の位置関係などゆっくりさらいます。

白鳥はヴィブラートのかけ具合とか、どの音にかけるかなどは
テンポ設定にもよるのかと思いますが、どういう風にするべきなのか???
この曲はテンポゆったり目が好きなので、綺麗なヴィブラートが
かけられないと曲らしくならないし。
クレッシェンドも、弓圧をぎゅうぎゅうかけないで、つけたいです。
はぁぁ、難しいっ。

あと、弓の返しで音楽がぶつ切りにならないようにしたい。
これは返す時に余計な力をかけたりせず、ダウンからアップ
(アップからダウンも同じ)になっても音色が変わらないように
気をつけると少し繋がる感じがします。
例えば4小節目(ミー♯ファソラシドレミ♯ファ|シー)の
ミーから♯ファソにダウン~アップと弓を返す所。
弓に圧力をかけ直したりしないで、弓の速度もなるべく変えないで
ラシドレミ♯ファ|シーまで息継ぎしないようにいきたいです。

バッハのプレリュードでも、ちょっと最近わかって来たことがあります。
これも弓の返しに関るところなのですが、今日は時間切れ・・・。
また改めて書いてみますー。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
きち
性別:
女性
自己紹介:
ヴァイオリン・チェロを弾きます。
ヴィオラも少し・・・。

アマオケ所属。


きちについてもう少し詳しく・・・
カテゴリー『プロフィール』へ


ランキングに参加してみました
↓ぽちっとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村

blogram投票ボタン




猫(とカメラ?)のブログも始めました。
ねこ番
twitter
最新コメント
[11/29 きち]
[11/29 はるみ]
[11/28 きち]
[06/19 きち]
[06/19 はるみ]
最新記事
blogpet
最新トラックバック
カウンター


ブログ内検索
忍者ブログ [PR]